忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2017/04/23 22:46 TRACKBACK URL  Newer : 7つの贈り物 Older : ナイト ミュージアム2

ウォッチメン

ヒーローもののアメリカン・コミックを映画化したウォッチメン
歴史的な事件にヒーローが関わっていたとしたら…?!
という世界観。
バットマンやスーパーマンが出てくると思いきや、全てオリジナルのヒーロー達。

東西の冷戦にも、ヒーローが影響力を及ぼしています。
それにしても、最近のヒーローはよく悩む。
世界の平和を…というか、アメリカの平和を守る監視者。
その役目を、ヒーローがやっている。
あんなヒーローが本当にいたら、アメリカは核をぶっぱなしてた気がする。

でも、それだと映画が成立しませんからね…。
そこは、ヒーローも抑止力の一つとなっています。
そして何者かに暗殺されるヒーロー。

色々なタイプのヒーローが出てきますけど、派手なアクションは期待しない方がいいです。
ヒーロー達の悩みや、ヒーローを殺した犯人を捜すといったシリアスっぽい映画です。
シリアスじゃないのはヒーロー達のコスチュームだけ。

そういった意味では多くの人が期待を裏切られたのかも知れません。
どのヒーローも、決してカッコ良くは無いですし人間くさすぎる。
あんな性格で、よくヒーローをやってたなと感心してしまいました。

人の期待を裏切ったせいか、評価はぱっとしませんでしたね。
でも、期待せずに観るとかサスペンスや人間ドラマとして観るとそれなりに楽しめます。
人の葛藤。
派手さは無いけれど、そんなに悪い映画じゃありませんでした。
こんな地味なアメコミもあったんだな、と思ってしまいましたけど。

暗い映画だと、最初から理解して観てみて下さい。

PR

POSTED 2010/03/21 15:47 COMMENT 2 TRACKBACK 2 TRACKBACK URL  Newer : 7つの贈り物 Older : ナイト ミュージアム2

COMMENT

from ひろちゃん

2010/03/22 01:43 URL EDIT

「はじめまして♪」

TBありがとうございました!
うちの子どもがまさとと言う名前ですので
なにか親近感を感じて(笑)コメントさせて
頂きました!

ヒーローものにしては、確かに暗くて地味な
作品でしたよね(^^;
でも、こういう作品も嫌いではなかったです^^
確かに人間ドラマとして観たほうがいい作品なのかも
しれませんね(^_-)-☆

from まさと

2010/03/23 18:55 URL EDIT

「書き込み、ありがとう」

息子さんと同じ名前なんですね~。
この映画は、派手さは無いですけどね。
世間で言われてる程ひどい映画ではなかったと思います。
もっと面白くないと思っていたのでびっくり。

POST YOUR COMMENT

下記のフォームよりコメントを送信してください

NAME
MAIL ADDRESS
WEB SITE
SUBJECT
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

★ウォッチメン(2009)★

WEBLINK[URL] 2010/03/22 01:39

WATCHMEN知ってはならない、真実がある──。映時間163分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/03/28ジャンルアクション/SF/犯罪映倫R-15【解説】80年代後半に発表されたアメリカの人気グラフィック・ノベルを驚異のビジュアルで実写映画化し...

『ウォッチメン』'09・米

WEBLINK[URL] 2010/05/19 20:30

あらすじ世界を揺るがす事件の裏に、ウォッチメンと呼ばれる“監視者”たちがいた。そして彼らが次々と消されていくなかで、巨大な陰謀が明らかになっていく・・・。感想15歳未満...

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/19 ロン様]
[08/07 まさと]
[08/05 AKIRA]
[06/27 まさと]
[06/24 naotomo]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
まさと
性別:
男性
職業:
ニート
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
東日本大震災の被災者が1人でも多く救われる事、1日も早い復興を願っています。

このページのトップへ移動

Copyright (C) まさとの素人映画レビュー. All Rights Reserved