忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2017/05/25 12:16 TRACKBACK URL  Newer : マジェスティック Older : ウルフマン

運命のボタン

キャメロン・ディアス主演で、金に困っている夫婦に100万ドルの収入が得られる話が舞い込む。
それは、とあるボタンを押すだけというもの。
でも、そのボタンを押す事で知らない誰かが死んでしまう。

お金に困っているとはいえ、人の命と引き換えにしか得られない大金。
押す、押さないの葛藤。
そんな人間としての葛藤をそう描いてるのかが楽しみな運命のボタン
一体、誰がどんな目的でそのボタンを作ったのか?!

最初こそ葛藤があったんですけどね。
そんな葛藤の部分はあっという間に終わってしまいました。
そして、映画はSFへ。

SFの要素が入った事によって、葛藤なんてどこかへ吹っ飛んでしまいました。
SFだけに、もうなんでもアリな感じなんですよね。
その辺でもうガッカリ。

最初の葛藤すらもう要らないんじゃないかと思うくらいのストーリーの激変。
こんなオチじゃ満足できない。
期待していた映画とは全くの別物になってしまいました。
ジャンルもSFでいいんじゃないかと。

PR

POSTED 2010/06/23 09:59 COMMENT 2 TRACKBACK 7 TRACKBACK URL  Newer : マジェスティック Older : ウルフマン

COMMENT

from naotomo

2010/06/24 11:42 URL MAIL EDIT

「運命のボタンについて、同感です。」

はじめまして。

私も運命のボタンについては、同じ感想です。運命のボタンの設定だけを聞いて、完全にサスペンス映画だと思っていたのですが、最後あたりの展開には開いた口が塞がりませんでした。

途中までは、サスペンス映画として良かっただけに、とっても残念です。でも、まあ、原作は20ページほどの短編小説だそうなので、仕方がないのかも...

from まさと

2010/06/27 10:11 URL EDIT

「ストーリー展開」

あの映画、20ページ程の短編を元に描かれたんですね。
よく20ページから映画を作ったと感心ものですね。
でも、あの展開で全てが台無しになってる感じも否めません。
序盤は雰囲気も良かったのに。

POST YOUR COMMENT

下記のフォームよりコメントを送信してください

NAME
MAIL ADDRESS
WEB SITE
SUBJECT
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

運命のボタン

WEBLINK[URL] 2010/06/23 22:00

 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、玄関先には奇妙な箱が置かれていた(このことから、映画の原題は「The Box」となっています)、というところから始まります。  その箱の中には、「Mr.Steward will call upon you at 5:00p.m.」と書かれている手...

『運命のボタン』

WEBLINK[URL] 2010/06/24 21:56

数日前に、数か月ぶりにあった友達と新宿武蔵野館へ『運命のボタン』を観に行ってきました。 ちょうど自分が観たかった映画の1つで、その日の自分の移動の都合も考えて、この作品に。 ちょっと思っていた話とは違っていて驚きましたが。。。 ******************** リ

運命のボタン 評価:★★

WEBLINK[URL] 2010/07/01 21:54

レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます

運命のボタン

WEBLINK[URL] 2010/10/28 02:20

作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながらもボタンを...

運命のボタン

WEBLINK[URL] 2010/11/09 22:10

作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながらもボタンを...

【映画】運命のボタン

WEBLINK[URL] 2010/11/20 22:26

<運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作です。 決して裕福ではない、ノーマとアーサー夫婦の元に赤いボタンが付いた箱が届けられる。 その日の夕方、謎の男が訪れ、「24時間以内にボタンを押すと、自分達の知らない誰かが死ぬ。しかし、100万ドルを手に入れることが出来る」と、究極の選択を提示する。 ボタンを押せば、大金が手に入る。だが、この世界中の誰かが死...

運命のボタン (The Box)

WEBLINK[URL] 2011/01/21 14:38

監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだー…

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/19 ロン様]
[08/07 まさと]
[08/05 AKIRA]
[06/27 まさと]
[06/24 naotomo]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
まさと
性別:
男性
職業:
ニート
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
東日本大震災の被災者が1人でも多く救われる事、1日も早い復興を願っています。

このページのトップへ移動

Copyright (C) まさとの素人映画レビュー. All Rights Reserved