忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2017/09/26 07:16 TRACKBACK URL 

ハート・ロッカー

中東で活躍するアメリカ軍の爆弾処理班を描いた作品、ハート・ロッカー
隠語で、「苦痛の極限地帯」とか「棺桶」なんていう意味があるそうです。
爆弾処理班の死と隣り合わせの恐怖。
それを女性監督がどう描いているのか、とても楽しみな作品。

アカデミー賞の規定に反した事をしたものの、結局アカデミー賞を受賞。
賞を争ったアバタージェームズ・キャメロンとこの作品の監督、キャスリン・ビグローは元夫婦。
映画の取材をした兵士から訴えられたりと、映画の内容以外でも話題が豊富だった。

PR

つづきはこちら

POSTED 2010/04/03 13:26 COMMENT 0 TRACKBACK 8 TRACKBACK URL 

戦場からの脱出

ベトナム戦争が激化する以前に、ベトナムに派兵された男の物語。
実在の人物であるディーター・デングラーの実話に基づいた映画、戦場からの脱出
日本では劇場公開されてなくて、クリスチャン・ベール主演って事しかわからなかった。

そんな映画のDVDやBlu-rayが発売・レンタルされていた。
主演以外に目立った役者はいないし、ベトナム戦争と言われるとなんだか地味。

つづきはこちら

POSTED 2010/02/23 06:20 COMMENT 0 TRACKBACK 2 TRACKBACK URL 

チェ 39歳 別れの手紙

チェ・ゲバラを描いた2部作の2本目、チェ 39歳 別れの手紙
チェが別れの手紙を残してカストロの元を去った後の物語。
今度の舞台はボリビア。
舞台を変えて、チェ・ゲバラが再び革命を仕掛ける。

元々は1本の映画が長くなりすぎて2部作になった映画。
なので、この作品もベニチオ・デル・トロが演じている。

つづきはこちら

POSTED 2009/12/21 00:22 COMMENT 0 TRACKBACK 0 TRACKBACK URL 

チェ 28歳の革命

ベニチオ・デル・トロがチェ・ゲバラを演じた2部作の1本目、チェ 28歳の革命
フィデル・カストロとチェ・ゲバラによるキューバ革命を描いている。
チェ・ゲバラにとっては敵となるアメリカが描くチェはいったいどんな映画になるのか…。

葉巻が似合うのも、ベチニオ・デル・トロならでは。
違和感の無いキャスティングだと思った。

つづきはこちら

POSTED 2009/12/20 12:22 COMMENT 0 TRACKBACK 0 TRACKBACK URL 

イングロリアス・バスターズ

クエンティン・タランティーノとブラッド・ピットがタッグを組んだ"イングロリアス・バスターズ"。
ナチスと、ナチスを相手に戦う特殊部隊の物語。
しかし、あのタランティーノがただの戦争映画を作るとは思えない。

独特のブラックなユーモア。
そして、予告で気になったメラニー・ロラン目当てに劇場へ足を運んだ。

つづきはこちら

POSTED 2009/12/04 16:00 COMMENT 0 TRACKBACK 2 TRACKBACK URL 

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/19 ロン様]
[08/07 まさと]
[08/05 AKIRA]
[06/27 まさと]
[06/24 naotomo]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
まさと
性別:
男性
職業:
ニート
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
東日本大震災の被災者が1人でも多く救われる事、1日も早い復興を願っています。

このページのトップへ移動

Copyright (C) まさとの素人映画レビュー. All Rights Reserved