忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2017/06/26 07:35 TRACKBACK URL  Newer : 宮廷画家ゴヤは見た Older : アラトリステ

サロゲート

ブルース・ウィリス主演のSFアクション映画、サロゲート
サロゲートの意味は代理。
遠隔操作するロボットが生身の人間の代わりをする社会。

人間は家にこもってロボットを操作しているだけ。
そこには危険も無く、安全に人生を送る事が出来る。
ロボットの外見は本人とは関係無く、自由にカスタムが出来る。

どんな奴がロボットを操作しているのか、全くわからない。
男女も関係無いし、年齢や体格だって思いのまま。

今、自分の体を鍛えたり痩せようとジムに行ってる人には羨ましい話だ。
明日からマッチョにも、スリムにもなれる夢のような世界。
でも、考えて行動するのは操作するオペレーターなので急に賢くなるのは無理ですが。

こんなに進んだ技術のある近未来なのに、人間自体の生活は変わっていない。
ロボットを操作していても、遠くの人と電話するにはバッグから携帯を取り出す。
ロボットを操作している時ですら、考えただけで遠く離れた人と話す事は出来ない。
今の社会に、身代わりのロボットが現れただけというような世界観です。
戦争だってゲームのような感じになってますし。

本来の自分の姿を隠すためか、人は部屋に閉じこもりっきりになる。
生身の自分が最後に外出したのがいつだったのか思い出せない程。

みんながオンラインゲームをやってるような状態ですよね。
部屋にひきこもって、自分の分身を使って社会生活を送る。
ゲームとの違いは、そこが本当の自分もいる現実世界という事。

携帯やPCを使った、間接的な人とのコミュニケーションというものについてちょっと考えさせられる映画。
ただのアクションではありません。
アクションも、動いてるのがロボットなので人間には出来ないような事もやってます。

便利さと、それを得た事によって失う何か。
色々と考えさせてくれる、テーマのあるいい映画です。
観てからオンラインの友達と語り合ってみては如何でしょう?!
相手が映画好きとは限りませんけど、ね。

PR

POSTED 2010/01/25 00:29 COMMENT 0 TRACKBACK 3 TRACKBACK URL  Newer : 宮廷画家ゴヤは見た Older : アラトリステ

COMMENT

POST YOUR COMMENT

下記のフォームよりコメントを送信してください

NAME
MAIL ADDRESS
WEB SITE
SUBJECT
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

無題

WEBLINK[URL] 2010/01/27 02:02

[あらすじ]代行ロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世界に身を置...

映画:サロゲート

WEBLINK[URL] 2010/02/17 00:22

 予告編を見たらおもしろそうだったのですが、あまり宣伝もしてませんし、イマイチパッとしない感じですよね。と言うわけで今回はサロゲートを観てきました。

「サロゲート」(SURROGATES)

WEBLINK[URL] 2010/08/31 19:13

「ダイハード」シリーズや「シックス・センス」などで知られるブルース・ウィリス主演の異色近未来SFアクション「サロゲート」(2009年、米、89分、ジョナサン・モストウ監督、タッチストーン映画配給)。この映画は人間が身代わりロボット「サロゲート」に日常生活のすべてを任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官が、ある殺人事件を機に、次第に明らかになってくる巨大な陰謀に迫るさまをスリリングに描く。共演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェルなど。(ネタバレあり)

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/19 ロン様]
[08/07 まさと]
[08/05 AKIRA]
[06/27 まさと]
[06/24 naotomo]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
まさと
性別:
男性
職業:
ニート
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
東日本大震災の被災者が1人でも多く救われる事、1日も早い復興を願っています。

このページのトップへ移動

Copyright (C) まさとの素人映画レビュー. All Rights Reserved