忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2017/08/18 13:58 TRACKBACK URL  Newer : JUNO/ジュノ Older : レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

ラブリーボーン

ロード・オブ・ザ・リングシリーズピーター・ジャクソン監督によるラブリーボーン
14歳にして近所に住んでいる男に殺された少女のその後を描いている。
殺された少女のその後なので、死後の世界へ行ったり知り合いを見守ったり。

ファンタジーの要素もあるものの、基本的には人間ドラマです。
自分の愛する家族の心の葛藤等が描かれています。
そして、自分を殺した犯人の生き方。

死後の世界は美しくもあったんですけどね。
この監督は泥とか汚れの描写の方が上手い気がしました。
その汚れが、登場人物達の気持ちを表しているような気がしたというか。

それにしても、死んで自分がいなくなってしまった世界を見るのってどうなんでしょうか?
死んだ事で、更に自分を強く想い犯人を見つけようとする人。
殺されたという辛い事実を、早く忘れたいと願う人。

そして、殺された自分自身の心の葛藤。
犯人に対する怒り等です。

人々の様々な思いをあの世から見守る。
そして、それを見て自分自身も葛藤する。
タイトルのラブリーボーンの意味は映画のラストで分かるでしょう。
その頃には、心がちょっぴり明るくなるはず。

心の葛藤を描いているので、展開はそんなに速くありません。
それに耐えられない人は観ない方が無難なのかも知れません…。
暗い事件を描いてますが、家族愛がたくさん描かれていますので大切な人と観るといい映画です。

PR

POSTED 2010/02/03 16:20 COMMENT 0 TRACKBACK 8 TRACKBACK URL  Newer : JUNO/ジュノ Older : レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

COMMENT

POST YOUR COMMENT

下記のフォームよりコメントを送信してください

NAME
MAIL ADDRESS
WEB SITE
SUBJECT
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

ラブリーボーン

WEBLINK[URL] 2010/02/06 02:17

  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と..

★「ラブリーボーン」

WEBLINK[URL] 2010/02/06 02:48

今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。

ラブリーボーン

WEBLINK[URL] 2010/02/08 13:00

同名ベストセラー小説に感動したピーター・ジャクソン監督が映画化した作品です。 14歳で殺された少女の魂の彷徨を、美しい映像と音楽で綴っていました。 本当に美しくて切ない物語でした(T_T)

【映画】ラブリーボーン

WEBLINK[URL] 2010/02/11 22:22

▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。 ▼コメント 多分、かなり辻褄の合ってない映画だと思う。 色々な見方ができる映画だが...

「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー

WEBLINK[URL] 2010/02/21 21:23

「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:THE LOVELY BONES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スージーは14歳で近所に住む男に殺害された、 この世とあの世の中間の天上から まだ終わらな...

映画:ラブリーボーン

WEBLINK[URL] 2010/02/27 14:54

 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。

「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。

WEBLINK[URL] 2010/02/28 08:19

[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに宣伝であれだけ『泣ける!』って煽られたらね~。  スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は14歳。父・ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母・アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、妹、弟の5人家族で仲良く幸せに暮らしていた。或る日、学校...

ラブリーボーン

WEBLINK[URL] 2010/03/05 14:15

話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されてしまう。 父は犯人捜しに明け暮れ、 母は愛娘を失った苦みに耐えき

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/19 ロン様]
[08/07 まさと]
[08/05 AKIRA]
[06/27 まさと]
[06/24 naotomo]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
まさと
性別:
男性
職業:
ニート
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
東日本大震災の被災者が1人でも多く救われる事、1日も早い復興を願っています。

このページのトップへ移動

Copyright (C) まさとの素人映画レビュー. All Rights Reserved